ちょっと高級な食べ歩き?日本最大級の商業リゾートVISON(ヴィソン)多岐の感想

★スポンサーリンク★
三重県

2022年8月27日(土)、2021年7月20日にグランドオープンした商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」に行ってきました!

自然を満喫するにはもってこいの場所

伊勢自動車道と紀勢自動車道をつないでいる勢和多気JCTを降りてすぐ、目の前は大自然に!

上記の写真は2021年4月29日にオープンした「ホテルヴィソン」!

ここで泊まって、ヴィソンのお店を食べ歩きしたり、バーベキューしたりするのもいいかもしれませんね★

広さは東京ドーム24個分の広さと言われています。

エリアはどんな感じ?

東京ドーム24個分の広さを誇るVISON多気。

では、エリアはどんな感じで分かれているのでしょうか?

①マルシェ・ヴィソン

②スイーツ・ヴィレッジ

③木育エリア

④本草(お風呂)エリア

⑤サンセバスチャン通りエリア

⑥和ヴィソンエリア

⑦農園エリア

⑧アトリエヴィソンエリア

⑨ホテルヴィソンエリア

の9つに分かれているようです。

このようにVISON多気はホテル、産直市場、飲食店、お風呂とさまざまなエリアが集まっているのです。

今回、理桜奈は①マルシェ・ヴィソン、⑥和ヴィソンエリアの2つを中心に行ったので、この2つのエリアを中心に紹介していきますね🎵

マルシェ・ヴィソンエリア

日本最大級の産直市場とも言われる「マルシェ・ヴィソン」エリアは、地域の生産者が入れ替わりで出店しているそうです。

2022年8月現在では以下のようなお店が出店されていました。

①脇口の鮪

②たいやき わらしべ

③新兵衛屋(ねりもの)

④若竹(松阪牛精肉)

⑤覚王山フルーツ大福 弁才天(フルーツ大福)

⑥マルシェ・ヴィソン(産直市場)

カラフルなトマトも美味しそうでした★

¥480

「満天★青空レストラン」でも紹介されたフルーツトマトも売っていました🎵

夏にピッタリなお土産も発見★

若干気になる珍味(笑)

初めて行ったので、行き当たりばったりな感じでしたが、いろんな商品があって、楽しむことが出来ました🎵

また、ここで買った新鮮な食材を使ってBBQを楽しんでいる人がいました★

気軽にBBQを楽しむには、おススメ出来そうな場所です☆

※お店は初めて行ったこともあって、覚えているお店だけ紹介しています。他にも数店あったと思いますので、詳しくは公式サイトで確認してみて下さいね。

ダイニング・和ヴィソンエリア

ダイニング・「和ヴィソン・エリア」は、フードコートのイメージです。

20数店が集まっているので、それぞれ好きなメニューを頼むことができます。

そのお店もまた3ヶ月に1度程度のペースでお店が入れ替わっているようですね。

公式HPより

理桜奈が今回食べたのは「アボカドサーモンユッケ丼」

サーモンアボカドユッケ丼 ¥1,450

感想としては、1,400円にしては、少しコスパがお高めかな?

ドリンクやお味噌汁等を付けて欲しかったと思うのは、普段ショッピングモール等のフードコートを利用しまくっているからなのでしょうか?(笑)

こちらは父が頼んだ2種丼☆

写真と比べると若干量が少なく感じるのも私だけ?(笑)

そして、これは母が頼んだ「手ごね寿司」(ハーフ)¥600

来た瞬間、「少なっ!」と母娘そろって思ってしまった…。

いや、確かにハーフを頼んだけれども…。

ちょっと少な過ぎやしませんかね??

三重県の郷土料理を他県にアピールするためにも、もう少し何かほしかった…。

ただ、ここの「しらすしょうゆ バターの誘惑丼」はなかなか見かけないメニューなので、気になった★

さじべ屋さんの名物としては「海鮮わっぱ」みたいなので、これも食べてみたい…。

けれど¥2,300かぁ…。

「和ヴィソン・エリア」は、少し期待外れ感があったのが事実です。

また、飲み物も有料

また、飲み物も有料なので、お水やお茶を持って行っておいてもいいかもしれませんね

そして、ダイニング「和ヴィソン・エリア」を出た横には縁日体験が出来る「kiond縁日」がありました。

輪投げ、射的、スマートボール等があって、子供達は楽しそうに体験していましたね。(けれど、結構楽しんでそうなのはお父さんだったり…という印象もありました。)

スイーツ・ヴィレッジ

散策がてらスイーツ・ヴィレッジにも足を運んだ理桜奈たち。

ここには「チョコレート」や「ベーカリー」がありました。

特にチョコレートは、“高級チョコレート”という印象がありましたね。

特に「LE CHOCOLAT DE H」ではショーケースに様々なチョコレートが並んでいて、1個300円という感じでした。

お店自体も、チョコレートに関する絵画を見ながら、中に入っていって、ひんやりとした暗い1部屋に辿り着くといった感じで高級感を感じることができました。

客層としては、カップルや若い人達が多めといった感じで、確かにオシャレな感じがするスイーツ・ヴィレッジでしたね。

VISON多気の基本情報

営業時間

9:00~22:00

住所

三重県多気郡多気町ヴィソン672番1

電話番号

0598-39-3190(ヴィソン多気株式会社)

公式HP

VISON Beautiful Village in TAKIVISON Beautiful Village in TAKI
日本の誇るべき食・文化・アートとテクノロジーが集結する 地方創生プロジェクトが三重・多気町で始まります。

車でのアクセス方法

・名神高速道路「吹田」ICより新名神高速道路を経由して約2時間程度

・近畿自動車道「松原」ICより西名阪国道を経由し、約2時間程度

VISON多気の駐車場

VISON多気の駐車場は有料です。(200円/1時間)

しかし、2,000円以上のお買い上げ(合算可)であれば、3時間

3,000円以上であれば6時間無料になるサービス券が各店舗でもらうことが出来ます。

理桜奈も今回、大人3人でランチしましたので、約5,000円使いました。

ですので、6時間無料で充分楽しむことが出来ました。

猿田彦珈琲HAPPA STANDcafe Tomiyamaの3店は1,000円未満のお買い上げでも1時間無料に。

ホテルを利用する場合は駐車料金は無料

本草湯(お風呂)を利用する場合、1,000円未満でも2時間無料

ちなみにVISON多気の駐車場にはゲートや駐車券はありません

入り口にカメラが設置されていて、ナンバーが自動的に撮られるので、店内にある精算機で精算するシステムなのです。

関西圏だとアリオ八尾等でも導入されているシステムですね。

ですので、精算する際に乗ってきた車のナンバーを入力する必要がありますので、必ず覚えておきましょう!(でないと、駐車場と精算機を往復する羽目になりかねません。)

ちなみに二輪車は無料

支払い方法

駐車料金の支払いは現金だけでなく、キャッシュレス決済も可能です。

・au PAY

・d払い

・LINE PAY

・Pay Pay

・楽天ペイ(R Pay)/ 楽天Edy

・メルペイ

・iD

・Visaのタッチ決済

・WAON

・QUIC Pay / QUIC Pay⁺

・交通系IC

詳しくはこちらの公式サイトから確認して下さい。

VISON多気のまとめ感想

ちょっと高級志向…?

3時間半程滞在しましたが、庶民大人3人で使った金額は5,000円程でした。

魅力的な商品はたくさんあったのですが、1個1個が少し高いと感じることもありました。

また、「ダイニング・和ヴィソンエリア」ではコスパが高いと感じてしまいましたね。

節約のためにお水やお茶は持参するのも手かもしれません。

初見は分かりづらい…?

初めてVISON多気に行った理桜奈ですが、何の前情報もなく行ったので、尚更お店の場所やトイレの場所が分かりづらかった印象もありました。

家族連れの方も何人かトイレを探している場面を見かけましたし、トイレのマークもオシャレなのですが、「少し分かりづらい」と言われれば、そうかな?という感じです。

※「ダイニング・和ヴィソンエリア」では、「出て右にあります。」と分かりやすく貼り紙があったので、すごく助かりましたが。

雄大な自然を満喫できる

三重県多気町は本当に自然豊かな所なので、雄大な自然を満喫することが出来ました。

施設内もエリア自体は広いので、散歩がてらショッピングを楽しめる場所だと思います。

また、ホテルやBBQを楽しむことが出来るので、自然を満喫して、大人数で楽しみたい方にもおススメ出来るかと思います。

「食」を楽しむことが出来る

新鮮な魚介類や野菜、高級なお肉等が一か所に集約されている施設だと思うので、普段食べることが少ない食材を食べることが出来るのではないでしょうか?

ですので、ゴールデンウィークや夏休み、冬休み等といった時期に家族やカップルで「食」を楽しむのもいいかもしれませんね。

★スポンサーリンク★
三重県旅・グルメ
★スポンサーリンク★
理桜奈をフォローする
理桜奈のオツブロ

コメント

タイトルとURLをコピーしました